乳房再建法の比較

身体の一部を移植する方法(筋弁法) 人工乳房を用いる方法 再生医療を用いる方法
腹直筋皮弁(お腹) 広背筋皮弁(せなか) インプラント法 (自家脂肪+脂肪細胞移植)
入院期間 〜1ヶ月 〜1ヶ月 7日間 通常入院は不要
3〜4日ホテル等に滞在
外来通院期間 術後、創部の状態をみるために定期的な
診察(1、3、6ヶ月,その後、1年に1回)
を受けていただきます
術後、創部の状態をみるために定期的な
診察(1、3、6ヶ月,その後、1年に1回)
を受けていただきます
組織拡張器挿入後から人工乳房を入れる
までの約6ヶ月の間、約3〜4週間に1回
(遠方の方は1〜2ヶ月に1回)、組織拡張器
へ生理食塩水を注入するために通院が
必要です。人工乳房術後は通常通りです
術後、創部の状態をみるために定期的な
診察(1、3、6ヶ月 , その後、 1年に1回 )を
受けていただきます。遠方の方は要相談
手術時間 5〜8時間 4〜5時間 約1時間 1〜2時間
手術侵襲(体への負担) 大きい 大きい 小さい 小さい
傷あと 胸と移植する組織の部分(おなか)
両方に傷あとが付きます
胸と移植する組織の部分(せなか)
両方に傷あとが付きます
乳房切除術の傷あと(胸)のみ 胸と腹部、大腿に2〜3mmの穴(めだたない)
乳房再建の自然さ 身体になじみやすい 身体になじみやすい 健側に比べると張りがあり、やや硬い 軟らかく自然なさ割り心地
経 過 自分の組織のため、加齢に伴い
多少下垂してゆく

筋肉の萎縮により若干小さくなっていく
自分の組織のため、加齢に伴い
多少下垂してゆく

筋肉の萎縮により若干小さくなっていく
人工乳房の耐久性は約10年〜15年と
考えられますが、劣化の可能性がある
ため、将来交換が必要です。破損につい
てはMRIで検査が可能です
自分の組織のため、加齢に伴い下垂く
局所再発の発見 見つけにくいので定期的検査が必要 見つけにくいので定期的検査が必要 見つけやすい 見つけやすい
MRIで脂肪との乳がんとの鑑別は可能
費 用 健康保険適用 健康保険適用 健康保険適用 自由診療